減災どっとこむ

TOPページ 

本サイトの目的

 減災(災害による被害を少なくすること)・防災対策がなかなか浸透していかない…。こう思われる防災関係者は多いのではないでしょうか。
 専門家の方から、日本は今後、地震活動が活発化するという警告がされるなか、各地で防災訓練が行われ、テレビ番組でも地震特集が組まれる…。でも、減災・防災意識は、なかなか一般の方にまで浸透していかない。一方で、間違いなく、いま生きている人たちが誰1人として経験をしたことがない大地震の来る時期が迫っている…。最悪の場合、日本史上、大きなターニングポイントになってしまうであろう、また世界史上でもかつてない、発達した都市を大地震と大津波が襲うといった事態も想定されています。

 本サイトは、こういった危機感を胸に、兵庫県南部地震が襲ってきたとき、どういう事態に陥ったか(阪神・淡路大震災)をベースにして、より多くの方に、大地震がきたら自分は、自分たちの街はどうなってしまうのかをきちんと知っていただきたいと思い、作られました。そのため、サイト上には直視するには厳しい場面であっても、あえてイラストに起こしている部分があります。これは、皆さんの想像力を高めていただきたいからですが、震災を経験されている方々には、大変、辛いものと推察されます。もし、このサイトをご覧になる方で、そういう方がいらっしゃるようでしたら、トップページに記載されている項目は、どうか見ることを控えていただきたいと思います。子どものときに震災にあわれた方でPTSDに苦しむ方もいらっしゃいますので、このサイトを利用する場合、周辺の方にもご配慮をお願いしたいと思います。そして、そのようなことを考えあわせても、地震の恐さや知識を知らない方が圧倒的に多いので、掲載にふみきらざるをえないことを、どうかご理解のうえ、お許しいただきたいところです(なお、高齢者にも、ふだんから不安を強く感じるなど、感受性が強い方がいらっしゃるので、お気を付けいただきたいと思っています)。

 このサイトの主なコンセプト、目的は次のとおりです。

  • 一般の方々にわかりやすく…
     いざ、大地震が来たらどうなるのか、仮に何も対策をとらなければ、自分は、そして家族は辛く、大変なめに合います。大切な人も家も財産も失います。まずは自分のため、家族のために減災・防災に取り組んでいただきたい。お一人おひとりが、その気になって実行すれば、被害をより少なくすることも、他の方を救うことも、ふだんの生活にいち早く戻ることも可能になります。
     このサイトでは、個人、団体の減災に向けた活動の端緒やヒントとなる情報や、専門家からの提言等を、できるだけわかりやすく簡潔に、紹介していきたいと思っています。
  • 防災に広く携わる地域の皆さまを応援する…
     多くの自治体は財政難でもあり、自治体合併もありました。防災専門担当者を置いていない自治体もあります。しかし、これからは、どこで災害が起きてもおかしくない状況です。局地的豪雨も視野に入れる必要があります。防災部局だけでなく、福祉部局をはじめとして、全庁対応でのぞまなければこなせない規模の災害が目の前です。
     少しでも簡単かつ効果的に、各地で減災・防災のプロモーションができるよう、汎用性のあるコンテンツやパンフレット・ポスター等を安価に提供していきたいと思っています。ご感想に加え、各種、ご要望もお待ちしています。
  • 過去の災害による教訓や、専門家等による警鐘やご活動を広める…
     多くの専門家や研究者、研究機関等が、災害に関してさまざまな警鐘を鳴らしていたり、多くの大事な教訓を口にしてくださっています。しかし残念ながら、そのような情報がなかなか一般の方々まで届いていなかったり、より詳しく知りたい場合にその端緒を見つけられないこともしばしばです。
     このサイトでは、理想としては、専門家の方のご研究やご活動等をご紹介するとともに、その一方で大事な問題について、素人の目線でポイントをしぼり、一般の方にわかりやすく正確に加工して紹介していくことを考えています。
      専門家や研究機関の先生方、事務局の方もお忙しいとは思いますが、たとえば、ご自身のホームページ等で新たにご研究を発表された場合には、お知らせいただければ、リンクを貼りトピックスとしてお知らせすることもできます。また、発行物などについても、ぜひお知らせください。随時、皆さまとご相談のうえ、望まれる形で、ご紹介をさせていただきます。

 情報はどんどん新しくなります。弊社では、アンテナをはって新しい情報を入手すべく努力をしていますが、もし、皆さまのなかで新たな情報を入手された場合やご発表がなされた場合には、ぜひ、お知らせいただけますと幸いです。
 今後は、豪雨・浸水対策等についても、情報を充実させていきたいと思っています。どうぞご協力をお願いいたします。

トップページへ | 会社案内とごあいさつ | ご利用規定 | 著作権とリンク | 個人情報の考え方

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.