減災どっとこむ

トップページ > 大災害のときの常識集

停電で、ほしい情報が入手できません

テレビ、ラジオ、パソコン、モデムなどが使えない

 停電でテレビ、ラジオ、インターネットが使用できません

 何か異変を感じて、「何が起きたんだろう」とニュースを聞こうと思っても、大地震のときは、停電となります。これにより、コンセントを電源とするテレビやラジオ、パソコンといったあらゆる情報通信機器が使えない可能性が出てきます(バッテリーや電池、充電式、無停電電源装置(UPS)などが備わっていたり、その他のさまざまな条件が整っていれば短時間でも、使える情報・通信機器もあります。また、自動車のシガーソケットから電源をとる方法もあります)。何が起きたかわからない状況は、とても不安になります。夜、街灯もすべて消え、外が真っ暗やみなら、なおさらです。
 このような事態に備え、必ずラジオを置いておきましょう。ラジオは電池式、充電式、携帯カード型など、いろいろなタイプがありますし、情報を入手するのに大変便利で、阪神・淡路大震災でも地域に密着した情報を流し続けたことから最も役に立ったものの一つにあげられています。デマや噂に惑わされないためにも、小型ラジオと電池は家に備えて、通勤でも携帯ラジオを持つようにしましょう。

 なお、情報に頼りすぎると、避難が遅れたりする場合もあります。地震から2〜3分で、津波がおそってくる?警報や避難勧告などが出ない、間に合わないといったケースもご覧ください。

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.