減災どっとこむ

トップページ  大災害のときの常識集 > 日本で起こりうる大災害のシナリオは?

常に押し合う4枚のプレートの上にのる日本

4枚の上にのる日本
↑ カーソルを上にのせてみてください。
(なお、北米プレートとユーラシアプレートの境界は、それほど鮮明でなく、不明なところがあります)

 上の図は、日本とその周辺の地形図です。海溝やトラフとよばれる長く深い溝があるのがわかります。実は、これがプレート境界になっています。カーソルを当ててみてください。4枚のプレートが浮かび上がります。この4枚は、ただ表面にあるわけではなくて、うち2枚のプレートは、常に、年に数cm、矢印の方向に押しながら地下にもぐりこんでいます。 この運動が、陸側のプレートを圧縮させ、歪ませ、その結果、耐えきれず割れたりずれたりして地震となるわけです。地下では、複数のプレートが重なっている場所もあるので、地震が起きるメカニズムは、また複雑です。

 プレートが沈みこむ、というのはどういうことなのか、イラストで見てみましょう。
  巨大地震(プレートの境界で起きる地震)はなぜ起きる? >>

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.