>

減災どっとこむ

トップページ > 知っておきたい大切なこと

少し落ちついたら、171に自ら「無事です」と入れましょう!

 大きな災害になると、被災地の外から安否確認をする電話や問い合わせがあふれます。しかし、電話は規制とふくそう(輻輳)で、ほとんどつながらない状態に陥ります。こうなると、被災地の外で心配する親戚や友だちは、あなたの無事を確認する術をもちません。

 このような災害では、混乱がおさまった段階(身近な人を救出し、近所に火事が出ておらず(あるいは消火を済ませ)、差し迫った危険がないことを確認し、少し落ちついた状態)になったら、公衆電話などから171に電話をして「無事だよ〜」とメッセージを入れましょう。そうすれば、少し離れた親戚や友だちもあなたの無事を確認することができます。

 また、本当に被害が大きい地域からは、全くといって良いほど情報の発信がない場合もみられます。こういったことからも、被災地にいる方、自ら「無事」を発信する必要があります。

無事と171に録音

171を体験しておきましょう!

 NTTでは、171(災害伝言ダイヤル)を疑似体験できるページをつくっています。画面上で、案内にしたがってクリックをしていくだけで体験ができます。ご家族で、学校で、会社で、ぜひとも体験をしておきましょう。
 携帯電話も災害伝言板を始めましたが、キャリアの壁がなく、どの電話からもかけることができて、充電といった必要もない固定電話(特に公衆電話はつながりやすい)の171は、災害時には大きな力となります。また、家族全員のメッセージを一度に発信したり受けることができるので、電話やメールが殺到するなか、かける本数も少なくてすみます。それぞれの番号にかける必要がないように、家族で、災害時にどの電話番号を利用するかを相談して決めておきましょう。
 暗証番号を利用すれば、会社で代表電話、課へのダイヤルインといった局番ごとに限られた人だけが使うことができます。災害時に、会社にすぐに駆け付けられない場合も多いでしょう。でも、会社員としては、駆け付けられなくて良いのか、あるいは危険を侵しても駆け付けるべきなのか、家族や近所の状態から迷うことも多いでしょう。会社と連絡を取りたい、でも災害時には、自宅の電話も携帯電話も使えません。
 企業ではこの171を有効に利用して、災害時、どういう体制をとる必要があるかを検討しておく必要があります。社員が会社の方針を聞くことができるネットワークを作っておいたり、社員も、数名のグループとなって自宅の電話番号で安否確認をとり、まとめて会社の電話に録音する、といった方法も考えておくべきです。
 企業以外でも、次のような当事者間、学校(保育園、幼稚園、小中学校、高校等)と生徒・保護者間、病院と患者間、ヘルパーや事業者と介護を受ける人、家族どうし(特に未成年の子どもと保護者間)、遠方の親戚、親友等では、事情に則した連絡体制を作り、試しておくことをオススメします。どの電話番号には、どんなことを入れておくかも相談しておきましょう(171は、災害の規模によりNTTの設定条件が異なるようですが、過去には件数は10件まで、保存期間は48時間、30秒/件ということが多いようです)。
 また、お手持ちの携帯電話は、171にかかるかどうか、テストをしておきましょう。携帯電話によってはかからないこともあるようです。大災害の直後には、使えない可能性もある携帯電話ではありますが、長期にわたる災害も考えられますから、使えるかどうかを知っておくことは必要です。
 なお、災害時には公衆電話が優先電話となっていますので、一番かかりやすくなっています。自分の生活エリアのどこに公衆電話(緑またはグレー)があるのか、チェックしておきましょう! 

 くわしくは、災害用伝言サービスのまとめのページを見てください。
    >>災害時、電話をするなら171(いない)

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.