減災どっとこむ

トップページ  知っておきたい大切なこと

「地震だ、火を消せ」ではなく、まず「自分の身を守ろう」

 「地震だ、火を消せ」というかけ声は、以前、よくなされていましたが、いまではあまり良しとされなくなりました。理由は、次のとおりです。

  • 多くの家が倒壊するような大地震では、一歩も動けないことも多い。(目の前のわが子を守ろうとしたくても、あまりの揺れに、立つこともままならないほどです)
  • なんとか火元にたどりついたとしても、熱い油や鍋などによって大きなやけどを負う可能性がとても高い
  • 外のガスの元栓には、ほとんどの地域でマイコンメーターがつけられていて、大地震では、ガスが自動的に遮断されるので、火は消えるはずである
  • 揺れがおさまってからでも2、3度は火を消す機会がある

 このようなことから、「火を消す」よりもまず、「自分の身を守る」ことを第一に考えて行動することが最も大切となります。(ただし、ストーブやガスの火が消せるに越したことはありません。ど〜んと、強い地震がいきなりくる場合もあれば、小さな揺れがあってから大きな揺れになるなど、さまざまな地震がありますから、日頃から小さな揺れを感じたら火を止めるといった習慣をつけておくとよいでしょう。ただし、くれぐれも、慎重に。原則は身を守ることが一番大切です。)

 地震のあと、もし、火が出てしまったら、揺れがおさまり次第、近所の人に助けを求め一緒に火を消してもらいましょう。台所に、油に引火した火を消せるタイプの消火器を置いておけば、自分ひとりでも対応できるかもしれませんが、そうでなければ、より多くの力が必要です。バケツリレーで風呂の水を運んだり、地域に設置してある消火器を持ち込むなどして、なるべく天井の高さまで火が大きくならないうちに、消すようにしましょう。ただし、絶対に無理はしないでください。もっとも大切で、取りかえしのつかないのは、あなたの、家族の生命です。

 ガスについては、こちらを参照してください。
  >> 災害時、ガスは勝手に止まるの?

大切なのは、身を守ること

地震に弱い家でなければ、何かが落ちてきても大丈夫なように頑丈な机の下などにもうりこみましょう。地震に弱い家の場合には、最初の小さな揺れの時点で外の安全な空間に出ることが望まれます

頑丈な机にもぐり、
特に頭を落下物から守りましょう。

机の脚のまん中から上方を
しっかり握りましょう。

お尻を床につけ、低い姿勢を保ちましょう。

子どもは、机の中に入り、脚の1本を
しっかり両手で握りましょう。

ただし、家が地震に弱い家だとしたら、小さな揺れのうちに、外の何も落ちてこない少し広い空間に出ることが望ましいところです。

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.