減災どっとこむ

トップページ  171(災害用伝言ダイヤル)

災害時、電話をするなら171(いない)

171に電話をして、メッセージを録音・再生しましょう

 大きな災害が起きると、その直後から被災地に「家族は大丈夫か?」「親戚は?」「友だちは?」と心配する電話が、各地から殺到します。電話がかからないと、電話を何度も何度もかけ直したりして、それがまた混雑となり、被災地の人たちに最も必要な人命にかかわる電話が通じなくなってしまいます。本当に相手のことを心配するなら、被災地には、しばらくの間、電話をかけないことが大事です。
  とはいえ、心配になるのも当然です。かわりに利用していただきたいのが、NTTによって開設される171。大きな災害が起きたときには速やかに開設され、ひとつの固定電話番号ごとに、外からメッセージを録音したり、録音されたメッセージを聞くことができるので、家の留守番電話と同じような感覚で使うことができます。(録音されたメッセージは、暗証番号を設定しなければ、被災地のその家の電話番号を知っているすべての人が聞くことができます。)

  NTTでは、次のように体験できる日を設けていますので、ぜひご家族や身近な方と一緒に体験しておきましょう。
   【体験利用提供日】
  ・ 毎月1日 00:00〜24:00
  ・ 正月三が日 (1月1日00:00〜1月3日24:00)
  ・ 防災週間 (8月30日9:00〜9月5日17:00)
  ・防災とボランティア週間 (1月15日9:00〜1月21日17:00)

 ぜひ、ご家庭で、親戚どうしで、学校で、試しに使ってみてください。家族の皆さん全員が使えるようにならないと、外出先から「家族のみんなが無事」かどうかが確認できません。また、その使い方はご家族次第です。家族で話し合って、どの番号にどういう内容を録音するかを決めておきましょう。
 なお、携帯電話のメール(パケット)は、音声と異なり、一部の第3世代携帯を除いていまのところ規制を受けないため災害時にも有効な通信手段のひとつと考えられています。ただし、混雑して届くのに時間がかかるのは間違いありません。途中で失われる可能性もあります。少なくとも、すぐに届いて、すぐに返事が来ることは望めませんので、くれぐれも過信をしないようにしてください。

ポイント
大災害のときは、171で安否確認などを! 
少し落ち着いたら、被災地の皆さんから積極的に「無事です」と録音を
家族や友だちの無事や居場所の確認に利用できます。誰でも聞くことができます。
(本当に被災地の家族や友だちのことを思うなら、そのお宅へは、直接、電話はかけないという選択をしてください。 ) 

■ 171(災害用伝言ダイヤル)の使い方

伝言の 録音方法
伝言の 再生方法
171 →(ガイダンス)→  →(ガイダンス)
電話番号(市外局番から)
171 →(ガイダンス)→ 2 →(ガイダンス)
電話番号(市外局番から)

 家族の方や身近な方が災害時にどの伝言板を使うのかといったことも、決めておくことも大切です。できるだけ、1度の電話連絡で多くの情報が得られるように、よく相談をしておきましょう。


(C)2006-2008 MBD cd.,ltd. All rights reserved.