減災どっとこむ

トップページ

救急車の適正利用に協力をしましょう!

 近年、救急車の出動要請が増えたことから、緊急に病院に搬送しなければいけない傷病者のもとに、救急車が迅速に駆け付けられないといったケースがみられます。くわしくは下記のページをみてください。
 ○ 本当に必要な人に救急車を! 「救急車がいない
」が現実に? こちらから >>
 ○ 広い地域に起こった災害(たとえば大地震や大規模テロ)の場合はこちら から>>

119のかけ方は?
ポイント

 消防車や救急車に早く来てもらうためには、住所を正確に伝えることが一番大切です。似た町名も多くありますので、次の2つを守りましょう。

  • 住所は必ず市区町村名から言ってください(間違いを防ぐためですが、地域によって、たとえば東京都では、一括して電話を受けていますし、携帯電話は、管轄外の消防署にかかる場合があります)。
  • 番地は、1-3-1などと略さずに○○丁目 ○番 ○号と言ってください。

  落ちついて、ゆっくり伝えましょう。
そのほかの主なポイント(携帯電話の使用時など)はこちら>>

■ 火事の例 ※あくまで例で、異なる場合もあります。
通 報 者
消 防 署
電話で119に連絡
(119に電話)
○○消防です。火事ですか? 
救急
ですか?
消防署で電話を受けます
火事です
 
何が燃えていますか。
ビルの給湯室から火が出ています
 
  住所(場所)はどこですか?
※マンションなどの場合は名称、何階の何号室まで伝えてください
○○区××町○丁目2番1号
の××ビルの○階、○○号室
です
 
  あなたの名前と電話番号を教えてください。
減災太郎、
×××−○○○○
です
 
  はい、分かりました。
  あわてずにはっきりと、住所や何が燃えているかなどを言いましょう。
  例)
    ○×中学校の東側のマンションの5階の窓から炎が見えます。
    ○×工場の倉庫が燃えています。炎が見えます。
 このほかに
  ○ 「(自宅が火災なら)大至急避難して下さい
  ○ 「(2報以降なら) 公共施設や目標物は?」
  ○ 「 延焼の状況は?」「けが人逃げ遅れは?」
  などを聞かれることがあります。

■ 救急(救助)の例 ※あくまで例で、異なる場合もあります。

通 報 者
消 防 署
119へ通報します
(119に電話)
○○消防です。火事ですか? 
救急
ですか?
消防署で通報を受けます
救急(または救助)です
 
  どうしましたか?
交通事故で車にはさまった
ままの人がいます
 
 

住所(場所)はどこですか?
※マンションなどの場合は名称、何階の何号室まで伝えてください

○×区××5丁目3番3号の
○×マンションの前の通り
です

 
  近くに目標物はありますか?
○○商店の西側です
 
あなたの名前と電話番号を教えてください
 
減災太郎、
×××−○○○○
です
   
救急車を待つ間に >>
はい、分かりました
 あわてずに、状況や症状をくわしく教えてください。
  例)交通事故がおきて、ケガ人が10人以上います。
    急に倒れて、意識がありません。泡をふいています。
    頭部にケガをして血がたくさん出ています。

 ○「オートロック)は開いてるか」傷病者の数」等を
   聞くことがあります。
 ○救急車がつくまでの間に、応急処置を教えてくれることが
  あります。

 ○救急隊の訓練を受けた隊員が乗車するポンプ車が先に来て、
  救急処置をしてくれる場合があります。


 このページをご家庭で記入して使っていただけるようにしています。  >> 印刷のページへ
 印刷をして必要な部分を書き入れ、電話の横にでも貼っておきましょう。とっさに住所を忘れたり、最寄りの目標の建物が浮かばなかったりすることがよくあります。また、お子さまでも、あわてずに通報ができるように練習をしておきましょう。

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.