減災どっとこむ

トップページ  119のかけ方 > 救急車を待つ間に

カーラーの救命曲線。何も処置をしなければ、心臓停止は10分もたたないうちに、また呼吸停止は30分たたないうちに死亡率が100パーセントになります

 カーラーの曲線は、心臓や呼吸が止まってから何分くらい経過すると命が助からないかといった目安を表しています。
 119番通報から、救急車が到着するまでには全国平均およそ6分半。もしあなたの身近な方が心臓停止で倒れて、救急車を待つ間、全く何も処置をしないでいたなら、もうその時点で、大事な人に後遺症が残るおそれが高くなり、最悪の場合、命を救うことも難しくなってしまうということがわかります。

(C)2006-2008 MBD co.,ltd. All rights reserved.